クレアティオ法律事務所は、不動産問題に特化した事務所です。

不動産問題のご相談はクレアティオ法律事務所へ > 共有・境界紛争:境界をめぐる紛争

境界をめぐる紛争

不動産の境界でお困りではありませんか?

  • 隣地と境界線でもめている
  • 隣の人から、ブロック塀が越境しているとクレームがきた
  • 親の土地を相続したが、隣地との境界が不明なので困っている
  • 法務局の公図と現況にずれがあるが、どうすればよいか
  • 「隣人から筆界特定の申請があった」と法務局から通知がきた
  • 境界線に関する紛争を解決する方法がわからない
  • 筆界特定制度と筆界確定訴訟とは何が違うのか

1.土地の境界には、「筆界」と「所有権界」の2種類があります

 「筆界」とは、その土地が初めて登記された際にその土地の範囲を区画するものとして定められた境界線のことです。その後、分筆や合筆の登記手続により変更されたものが、現在の筆界です。筆界は、土地の所有者同士の話し合いによって変更することはできません。

 「所有権界(境界)」といって、土地の所有権の範囲を画する境界線です。筆界と異なり、所有権界は土地の所有者間で自由に変更することができます。

 筆界と所有権界は、通常一致していますが、土地の一部を譲り渡したり、土地の一部について時効によって所有権を取得したりしたような場合、筆界と所有権界が一致しない状態が生じます。このような場合、新たな所有権界にしたがって分筆の登記をして、かかる不一致を是正します。


 「筆界」と「所有権界」

 

土地の境界をめぐる紛争は、「筆界不明」によるものがほとんどです。

 筆界と所有権界が一致しないまま長期間放置されると、隣地との筆界が不明となってしまい、土地を売買したり、その土地上の家屋を増改築しようとしたりするのを切っ掛けとして、また、相続により所有者が変更したのを切っ掛けとして、筆界をめぐるトラブルに発展してしまうのです。

 

2.筆界と所有権界では紛争解決の方法が異なります。

 

「筆界」で境界紛争と
なった場合の解決方法

「筆界特定制度」(法務局に申立てます)

「筆界(境界)確定訴訟」(裁判所に申立てます)

「所有権界」で境界紛争と
なってしまった場合の解決方法

「所有権(境界)確認訴訟」

「民事調停」

「裁判外境界紛争解決制度(ADR)」

 

3.筆界特定制度

筆界特定制度とは

 土地の境界をめぐるトラブルについては、裁判で解決する方法もありますが、法務局が行っている「筆界特定制度」を活用する方法もあります。

  • 筆界特定制度とは、土地の所有者の申請に基づいて、筆界特定登記官が、外部専門家である筆界調査委員の意見を踏まえて、現地における土地の筆界の位置を特定する制度です。あくまで筆界を特定する制度ですから、「所有権界」には全く関与しません。
  • 筆界特定とは,新たに筆界を決めることではなく、実地調査や測量を含む様々な調査を行った上、もともとあった筆界を筆界特定登記官が明らかにすることです。
  • 特定された筆界は、公的機関が判断を示した筆界となり、土地の筆界の位置が問題となったときなどに、筆界の位置を示す証拠としての力をもちます。
  • 特徴としては、申請人または相手方が不服であったとしても、筆界が特定されるという点です。筆界特定の結果に納得することができないときは,後から裁判(筆界(境界)確定訴訟)で争うこともできます。
  • 筆界特定制度を利用するメリットは、筆界特定制度の手続きが、裁判手続に比べ、費用も安く、より早期に判断が示されます。

 

4.筆界(境界)確定訴訟

 境界確定訴訟は、裁判所が、当事者が提出した証拠を元に、境界(筆界)の正しい位置を判決という形で確定するものです。判決によらずに、裁判当事者が、所有権の境の位置について合意するという内容の和解が成立して解決することもあります。

 筆界確定訴訟の結果(判決、和解)に基づいて、登記上の地積等が更正されます。 

 双方の言い分に開きが大きく、対立が激しい場合は、最初から「最終手段」である訴訟(筆界確定訴訟)を選択するべきです。
逆に、公に確定されたものなら、双方が納得する可能性がある程度高い、という場合には筆界特定制度を利用した方がベターでしょう。

 

5.所有権(境界)確認訴訟

「所有権(境界)確認訴訟」も裁判ですが、同じ裁判手続きである「筆界(境界)確定訴訟」とは、以下の点で違いがあります。

 

 

筆界(境界)確定訴訟

所有権(境界)確認訴訟

何を争うものか

地番と地番の境についての争い

原告の所有権の及ぶ範囲についての争い

和解による
解決が可能か

不可能

可能

 

なお,所有権の範囲(所有権界)については、上記のような訴訟以外にも、裁判所主催の「民事調停」や裁判外の調停手続きであるADRという方法もあります。これらの手続きは、調停委員等が仲裁に入って話し合いで解決するという点に特徴があります。

 

7.クレアティオ法律事務所の「境界をめぐる紛争」の不動産問題サポート内容

 境界をめぐるトラブルは、隣人同士で交渉するよりも、法律の専門家である弁護士を間に立てた方が、スムーズに交渉が進みます。当事務所では、依頼者さまに代わって隣地所有者と交渉し、必要であれば筆界特定制度やADD手続きによって、それでもまとまらなければ境界確定訴訟等を利用して、当該紛争が収束するまで継続的に支援します。

 

クレアティオ法律事務所では、以下の問題を取り扱っております。
不動産問題サポート内容