クレアティオ法律事務所は、不動産問題に特化した事務所です。

任意売却について

競売とは?

住宅ローンや事業資金などの不動産を担保とした借入金の支払いが困難となり、支払いの滞納が続いた場合、債権者(銀行等)は、担保にとっている不動産を差し押さえ、裁判所に対して不動産競売の申し立てを行うことができます。

その申し立てに従い裁判所が強制的に売却する物件を競売物件といい、入札制度により売却する国のシステムを競売といいます。

 

任意売却とは?

住宅ローンや事業資金などの不動産を担保とした借入金の支払いが困難となり、所有不動産が競売になってしまう事が予想される場合に、所有者(債務者)と銀行(債権者)の合意のもと、 担保不動産を適正価格で売却することです。

 

任意売却について

任意売却は、専門的な不動産取引のノウハウだけではなく、債務整理や債権者との交渉を行うことで効果を発揮するため、法的業務が必要となります。

競売を回避し、金融機関との間に入り任意売却の交渉をし、競売よりも有利な条件で不動産を処理できますので、ご相談者様が競売よりも有利な条件で再スタートを実現するお手伝いをいたします。

プロセス
無料相談・診断
↓
打ち合わせ・物件売却の手配
↓
債権者との交渉
↓
売買契約
(売買については、提携不動産業者が担当)
↓
競売取下げ
↓
お客様へ資金捻出
(引越し費用、当面の資金、弁護士費用など)

 

任意売却は開札前までが有効です。
手遅れになる前にお気軽にご相談ください。