クレアティオ法律事務所は、不動産問題に特化した事務所です。

「任意売却」と「競売」比較

任意売却のメリットと競売のデメリット

新生活への費用や、当座の資金を確保できるようなプラン

現在お住まいの不動産を売却する場合には引越し費用がかかります。競売になりますと、引越し資金を捻出することも困難な場合がありますが、任意売却ですと、売却した代金から「引越し費用」「新居の敷金礼金・家賃」などの費用を捻出することも可能です。
さらに不動産担保の借り入れ金以外の細かな借金の清算・返済などの費用も捻出できる場合があります。
任意売却後の新生活を、ご相談者個々にあわせたプランでお手伝いいたします。

 

売却時の負担金が少なくなる可能性があります

滞納している税金や、マンションの管理費、売却時の仲介手数料、抵当権抹消費用など全ての経費は売買代金から差引き精算されるので、債権者(金融機関・銀行等)の配分が減り、債務者の負担金が少なくて済む可能性があります。

 

新生活スタートへの時期を相談可能です

競売の場合、落札後に落札者の意向により、物件を引渡さなければなりません。引渡し期限(立ち退き時期)は、元の所有者である債務者の事情に関係なく決定されます。
さらに、立退きの為の引越し費用も自己負担しなければならなくなります。
しかし任意売却の場合、引渡し時期を売主・買主の話し合いにより調整するため、新居が決まり引越しが完了後に物件の引渡しとなるケースが一般的です。

 

市場価格の相場(高値)で売却できます

当法律事務所監修の元、任意売却の経験豊富な大手不動産会社等の協力で、現在の市場価格である相場に近い価格での売却が可能です。競売の場合、市場価格より大幅に安い金額で取引されますので、任意売却の方が高額で売却することができ、その分残債務が減り、その後の生活再建の支援につながります。

 

残債務は新生活に無理のない返済計画

任意売却の場合、残債務である残った住宅ローンについては、現在もしくは新生活スタート時の収入・支出から、日常生活に支障が無い、無理のない返済計画を立てる事ができます。
また、個人民事再生や自己破産等を簡単にすすめたりせず、ご依頼主様の立場にたって処理を行いますので、ご希望に沿った解決方法をご提案しますので、場合によっては法的に債務を減らしたり、債務免除になるケースもあります。

 

■隣近所の方には知られる可能性が少ない

競売の場合、裁判所にて物件概要書が発行され、建物の外観や室内の写真を含む物件の内容が一般に周知されることになります。
さらに裁判所が公開するインターネットにも情報が掲載され、誰でも閲覧可能な状態になります。
そうなると、入札希望者が対象物件の近隣への聞き込み調査や、売却希望のダイレクトメールなどを送付することになります。
任意売却の場合、通常の不動産売買と同じように幅広く販売活動を行いますが、売却理由(返済が困難な為)については告知しませんので、周囲に知られることがありません。

 

「任意売却」と「競売」の違いを分かりやすく比較

 

周りの目 任意 近所が競売に気づく前に売買が可能です
競売 競売入札希望者が近隣に問い合わせに来ます
立ち退きについて 任意 引越代・移転先・保証人等は当事務所が責任を持ちます
競売 落札者・執行人がやってきて強制退去を求められます
残債について 任意 任意整理では、売却費で債務整理を行うため残りません
競売 安く落札されることが多いため多額の残債務が残ります
当面の資金 任意 債権者からの引越し代+当面の生活費が残ります
競売 自己資金による引越代や生活費の捻出が必要

 

任意売却は開札前までが有効です。
手遅れになる前にお気軽にご相談ください。