クレアティオ法律事務所は、不動産問題に特化した事務所です。

残債務について

残債務の不安軽減

残債務とは、売却した資産の代金で、借入金を可能な限り返済し、残った債務のことです。通常、競売にかかってしまうと市場価格の相場よりもかなり安い金額で落札されてしまう為、債務がかなり残ってしまい、抵当権がついている債務以外の借り入れや、税金、再スタートへの資金など、捻出するのが非常にむずかしい状態になります。

しかし、任意売却をすることにより、相場に近い金額で売却できるため、残債務を極力減らすことができます。

さらに、その他にかかる費用や再スタートへの資金を残すことが可能になります。

任意売却をすることにより、借金を帳消しにできるわけではありませんが、負担がかなり減りつつ、さらに個人民事再生や自己破産等を同時に行えば、法的に債務を減らしたり、債務免除になる場合もあります。

 

 

残債務の処理について

任意売却後に債務者の方々が直面する問題が残債務です。

残債務の処理には、当法律事務所が責任を持って各債権者に対応し、債務者様それぞれにあわせた適切な解決・和解をおこない、再スタート後にも無理ない支払い方法になるよう対応いたしますので、安心してお任せください。

 

任意売却は開札前までが有効です。
手遅れになる前にお気軽にご相談ください。